「独立100周年を記念してフィンランドについて知っていることを書き込むスレ」海外の反応

   


Comment by Raxing

フィンランド独立100年を祝って、フィンランドについて君たちはどんなことを知ってる?


Comment by Krizerion

(ブルガリア)

ここ数日の「ヨーロッパ板」はこんな感じ

kftf2_OKKwVZwQBfSHAyM


Comment by kashluk

フィンランド独立100年を記念してF-18がフォーメーションを形成して飛行

quecF19rpWxAN5UDAI2NfjEo

※2017/12/06がフィンランドの独立100年でした。


9gag.com/gag/ar5LrGV
reddit.com/r/europe/comments/7i52zi/reurope_for_the_past_few_days/
reddit.com/r/pics/comments/7hy5o5/f18_hornets_flying_in_formation_in_celebration_of/
reddit.com/r/AskReddit/comments/7hx1jl/in_honor_of_finlands_100th_independence_day_what/



Comment by LosCapybaros 4043 ポイント

大きくて、寒冷な森林があり、湖が大量に存在する。

あと皆デスメタルを聴いてる。

 Comment by Raxing[S] 2824 ポイント

 ↑夏の気候は暖かくて本当に良いよ。俺達は夏のことを「一年で最高の日」って呼んでる。

  Comment by angry_snek 338 ポイント

  ↑フィンランドは自動車よりもサウナの方が多くて、自動車のライトは一日中付けていないといけないって話を聞いたことがある。

   Comment by epezj 245 ポイント

   ↑このことを以前サクッと調べたことがある。

   フィンランドのサウナ協会(Suomen Saunaseura Ry)によればフィンランドには320万のサウナがあってそのうち200万は「合法」のもの。他のサウナは「登録」されていないかトレーラータイプのサウナ。

   2014年のフィンランドの統計センターによればフィンランドには320万台をやや下回る自動車(自家用車)があってバスやトラック、バン等も含めた車両の総数は3738541台。

   だからフィンランドには自動車よりもサウナの方が多いと言えるね。

   ソース:http://www.kaleva.fi/uutiset/kotimaa/saunojen-maara-suomessa-kasvoi-rajahdysmaisesti/623201/
   http://www.aut.fi/tilastot/suomen_autokanta_rekisterissa_olevat_(2014_saakka)/vuosittain/autokanta_31.12.2014/autokanta_ajoneuvolajeittain_31.12.2014

   Comment by lovetune 45 ポイント

   ↑え?一日中自動車のライトつけていないといけない場所があるの?(僕はフィンランド出身じゃない)

    Comment by Aerolfos 1 ポイント

    ↑そうしないのは南欧。

    そんなの馬鹿げてる。だってトンネルではライトをつけないといけないのに誰もそのこと覚えてないんだから。


Comment by Barseps 265 ポイント

フィンランドのシモ・ヘイヘは史上最強のスナイパーの一角。
https://en.wikipedia.org/wiki/Simo_Häyhä

シモ・ヘイヘ(Simo Häyhä['simɔ 'hæy̯hæ], 現地の発音では「シモ・ハウハ」, 1905年12月17日 - 2002年4月1日)は、フィンランドの軍人。フィンランドとソビエト連邦の間で起こった冬戦争では、ソビエト赤軍から“白い死神”(белая смерть)と呼ばれ、恐れられた。スナイパーとして史上最多の確認戦果542名射殺の記録を残している。

シモ・ヘイヘ


Comment by andreGIANT 5 ポイント

フィンランドには素晴らしいラリーカードライバーがいる。それに一般的に良いドライバーが多い。

フィンランドでは運転免許証を取得するのに五年くらいかかる。都市伝説かもしれないけど。

 Comment by MoarDakkaGoodSir 2 ポイント

 ↑>>「フィンランドでは運転免許証を取得するのに五年くらいかかる。」

 何だそれ。

  Comment by andreGIANT 3 ポイント

  ↑間違っていると知れて良かった!


Comment by dbear26 105 ポイント

フィンランド版の「ぴったり(fits like a glove)」は「目にこぶしがぴったりはまるよう」

あと下痢の時はフィンランド人は「雀の群れがするようなウンコ」って言う。


Comment by varro-reatinus 226 ポイント

異常なまでにホッケーが上手い。特にゴールキーパーの育成が。

もしもカナダの選手育成能力がフィンランドくらいあったらホッケーの有力選手の数は今の倍になっているはず。

 Comment by Cmoreglass 7 ポイント

 ↑トゥーカ・ラスクとかいう聳え立つ壁


Comment by throwawaybreaks 34 ポイント

北欧で唯一腐った魚で知られていない国。

 Comment by Oxu90 21 ポイント

 ↑他の北欧人は変わったヴァイキングだからな。


Comment by Ninagram 31 ポイント

ミカ・ワルタリっていう僕が好きな作家がフィンランド人

ミカ・ワルタリ(Mika Toimi Waltari, 1908年9月19日 - 1979年8月26日)は、フィンランドの作家。歴史小説『エジプト人』でよく知られている。

1945年、ワルタリの最初にして最も成功した小説『エジプト人』が出版された。人道主義的な価値観が唯物論に堕落していくというテーマは、まさに第二次世界大戦の余韻を漂わせたもので、この本は間もなく世界的なベストセラーとなり、1954年にはハリウッド映画の原作にもなった。ワルタリはその後7作の、様々な古代の文化に取材した歴史的な長編小説を執筆した。その中でも、ビザンチン帝国を舞台にした“The Dark Angel”が、恐らく最も成功した作品と言われている。

ミカ・ワルタリ


Comment by TheBassMeister 163 ポイント

フィンランド人のパーソナルスペースはかなり広い。サウナで裸になる以外では。

 Comment by KlausRTH 28 ポイント

 ↑パーソナルスペースの適切な距離は腕とナイフの長さを足したものだって聞いたことがある。


Comment by pkeveryday 3 ポイント

フィンランド人だけどフィンランド文化の要約としてはこれがお気に入り。

キャプチャ
https://www.youtube.com/watch?v=Jrg0X9H6FGU


Comment by nathanatkins15t 3 ポイント

キミ・ライコネン「フィンランドにはfishingとfuckingがある。ただ冬の釣りはダメだ」

キミ=マティアス・ライコネン(フィンランド語: Kimi-Matias Räikkönen, 1979年10月17日 - )は、フィンランド・ウーシマー県エスポー出身のレーシングドライバー。

現役最年長のF1ドライバー。現役ドライバーでは、最多のファステストラップを獲得している。

キミ・ライコネン


Comment by tobeornotobe 142 ポイント

フィンランドには素晴らしいブラックメタルバンドがいる。

Satanic Warmaster:https://youtu.be/H5XWwLYeKfE

Behexen:https://youtu.be/NCRzWeAtgVI

Goatmoon:https://youtu.be/FUKOoMPn_gA

White Death:https://youtu.be/CuBtwnYnGYU

Horna:https://youtu.be/fV02V_5zXrw

Clandestine Blaze:https://youtu.be/s4kohTWRfhA

Impaled Nazarene:https://youtu.be/-19TtWG-dbE

Moonsorrow:https://youtu.be/8w3cVBC04ME

Sargeist:https://youtu.be/9vT0Pcmwp4g


Comment by marekkane 16 ポイント

フィンランドにはクリスマスイブに墓地に行って大切な人のお墓でキャンドルに火を灯すという素敵な伝統がある。

亡くなった家族や友人を追悼して、同じ墓地に埋葬された人がいる人たちと気持ちを繋げる儀式。

むかしそこにいる機会があったけど凄かったな。暗い雪の中でキャンドルに火に照らされた沢山の墓の様子は心に残ってる。

あと「Salmiakki Koskenkorva」は美味しい。

※「Salmiakki Koskenkorva」はお酒の一種だそうです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Salmiakki_Koskenkorva
夕方に墓地に赴き,墓碑の前にキャンドルを飾るのもクリスマスイブの習慣の一つだそうです.我々も雪が舞うなか近くの墓地に行ってみましたが,なかなかの風情でした.

32. Christmas in Finland


Comment by 1jq512 17 ポイント

友人がフィンランド出身だけど彼女は家族の間で素っ裸で歩き回るのは普通だって言ってた。

 Comment by Nuutt1 32 ポイント

 ↑え?僕はフィンランド人だけどそんなの見たことも聞いたこともない。多分君の友人は変わってるんじゃないの。

  Comment by zAke1 1 ポイント

  ↑少なくともうちや他の多くの友人の家では一般的。

  別にあえてそうしてるってわけじゃなくてシャワーに入ったり出たりする時に自分の部屋までの間裸なのは変じゃないってこと。

  あと裸で寝たりとか裸でトイレに行ったりとか。


Comment by octavian_c 1752 ポイント

フィンランドはフィンランド語では「Suomi」と呼ばれてる。

 Comment by Rosencrantz1710 529 ポイント

 ↑これいつ聞いても「ん?」ってなる。全然似てないじゃん。なんでこの二つの名称そんなに違うようになったのさ!?

  Comment by ololord 241 ポイント

  ↑フィンランド語はウラル言語で発音がロマンス言語やゲルマン言語、スラブ言語とは全然違ってる。

  「フィンランド」は元々はそこを指すスウェーデンの言葉。歴史の大半でフィンランドはスウェーデンの一部だったから他の言語はスウェーデンの言葉を借りたってわけ。

   Comment by Newzab 4 ポイント

   ↑もう誰かが投稿していたら申し訳ないんだけど、このインフォグラフィックでフィンランド語がどれだけ違ってるかを学んだ。お気に入りの一枚。
   http://www.openculture.com/2015/06/the-tree-of-languages-illustrated-in-a-big-beautiful-infographic.html

   Language-Infographic


Comment by joel7890 13 ポイント

これが本当かどうかは分からないけどフィンランド人は性に対する態度が緩くて、男性と女性が裸で一緒にサウナに入ってもそれが変なことだとか性的なことだとは考えないって聞いた。

 Comment by FIRGROVE_TEA11 5 ポイント

 ↑フィンランド人だけど確かにその通り。


Comment by getouttathurr 19 ポイント

スウェーデン人と一緒に働いてるけどそいつはノルウェー人のことはよくネタにしてる。

でもフィンランドをネタにするのはビビってる。フィンランド人は「本物のヴァイキング」だからって。


Comment by Computer_User_01 1541 ポイント

スナイパー、雪、陰鬱、メタル、ロシアを恐れない、モンゴル人の子孫(これは本当かどうか分からないけど)、生活水準が高い、父親は母親よりも子供たちと一緒にいる。

これくらいかな。

 Comment by padumtss 674 ポイント

 ↑モンゴル人の子孫ってのは嘘だってことが証明された。そう言われ始めたのは1900年代初頭のゲルマン民族研究家によって書かれた著作によって。

 面白いネタではあると思うけどね!

  Comment by everlast1ng_cs 5 ポイント

  ↑フィンランド人はモンゴル人の子孫ではないけどウラル山脈からやってきた民族。フィンランド人の見た目がアジア人っぽいのはそれが理由。

 Comment by poopsicle88 7 ポイント

 ↑その父親の箇所はどういうことなん?

  Comment by Computer_User_01 5 ポイント

  ↑さあ。いつだったかガーディアンの記事でフィンランドはヨーロッパで唯一そういう国だってのを読んだことがある。

   Comment by NorthState91 2 ポイント

   ↑ハメ州にいるシングルマザーの数を見るとその事実は怪しいんじゃないかって思う。


Comment by poopycocacola 11 ポイント

アメリカ人だからそんなに知ってることは無い。

フィンランド人は何十年か前にアカと悪鬼のように戦ったということや知らない人を可能な限り避けるってことは知ってる。

 Comment by running_toilet_bowl 1 ポイント

 ↑訂正しておくとフィンランドではパーソナルスペースは重要なことだけど何かを尋ねてくる人に対しては非常にオープンだしフレンドリーだよ。


Comment by obshchezhitiye 21 ポイント

フィンランド語には「Kalsarikännit」という素晴らしい単語があるってことを知ってる。

これの意味は「外出しようとせずパンツ一枚で一人で飲んだくれる」こと

関連記事
「フィンランド語には『kalsarikännit』という素晴らしい単語が存在する」海外の反応

 Comment by Ruuhkatukka 5 ポイント

 ↑この単語がネット上でこんなに有名になったのは何故なのか知らないけど「kalsarikännit」は一人じゃなくても良いよ。友人と一緒にやるもの一般的。

  Comment by obshchezhitiye 2 ポイント

  ↑フィンランド人の同級生にこの単語教えてもらった。でも一人じゃなくても良いとは良いこと教えてもらった!


Comment by blagulon 842 ポイント

フィンランドに黒人のアメリカ合衆国大統領が不時着して地元の10歳の男の子に助けられるっていうクソ映画がある。

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター(2014)
http://www.imdb.com/title/tt2088003/

 Comment by All-Shall-Kneel 30 ポイント

 ↑クソ映画だけど結構面白いシーンがある。

 関連記事
 外国人「クソ映画過ぎて逆に良い映画を紹介する」海外のまとめ

 Comment by Bone_Dice_in_Aspic 3 ポイント

 ↑この映画によってフィンランドの最も有名な将軍が黒人だったってことが明らかになった。
 http://imdb.com/title/tt2190421/

 Comment by jseego 3 ポイント

 ↑フィンランドは「アイアン・スカイ」も俺達にくれたよ。

 キャプチャ
 https://www.youtube.com/watch?v=Py_IndUbcxc

フィンランドのとある山岳地帯。そこに住む少年オスカリは13歳になった通過儀礼として、大きな獲物を狩るために山中で一夜を過ごしていた。一方その頃、アメリカ合衆国の現大統領であるウィリアム・アラン・ムーアを乗せたエアフォースワンが、何者かの攻撃を受けて墜落してしまう。間一髪脱出ポッドで逃げ出した大統領は、偶然近くにいたオスカリと行動を共にすることになるのだが、大統領の命を狙うテロリストたちの魔の手は、2人のすぐそばにまで迫ってきているのだった。

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター


1945年、連合軍の猛攻撃にさらされ、アドルフ・ヒトラーが率いていた「第三帝国」ナチス・ドイツは完全に敗北。しかし、その一部のエリートたちはひそかに月の裏側へと逃亡を図り、秘密基地を建造していたのだった。第2次世界大戦の終結から70年超にわたって独自の軍事テクノロジーを発展させ続け、虎視眈々(たんたん)と連合軍への復讐(ふくしゅう)の機会をうかがっていた彼らは、2018年、ついに決行のときが到来したと判断。UFOの大編隊を組んで、地球侵略を開始する。

アイアン・スカイ (2012)


Comment by syndicatecomplex 6 ポイント

フィンランド語は他のヨーロッパの言語とは全然違ってる。

あとフィンランド人は安い酒を買いにエストニアまでよく行ってる。


Comment by felixfelix 9 ポイント

フィンランドが作ってるスノータイヤにはかなり良いやつがある (Nokian Hakkapeliitta)


Comment by oxfordcircumstances 466 ポイント

作曲家のジャン・シベリウスはフィンランド出身。

彼は美しくてダークな曲をいくつか発表してる。

 Comment by ibcaimanalfamail 68 ポイント

 ↑彼の作品の多くは意気軒昂だよ。例えば交響曲第2番のこの旋律とか。

 キャプチャ
 https://www.youtube.com/watch?v=zu0Y2FyHfxM&feature=youtu.be&t=35m

ジャン・シベリウス(Jean Sibelius Sv-Jean_Sibelius.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]、1865年12月8日 - 1957年9月20日)は、フィンランドの作曲家である。

青年期にはヴァイオリニストを目指したが、後に作曲に専念した。主要作品は、7曲の交響曲、多数の音詩及び交響詩、ヴァイオリン協奏曲などの他、劇音楽・歌曲・ピアノ曲等多岐に及ぶ。

歌曲にはフィンランドの詩人で、スウェーデン語で詩を発表しているユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリの詩を用いているものが多い。

ジャン・シベリウス


Comment by anime4lyfe123 5 ポイント

フィンランドには島が沢山ある(正確に言えば40000)


Comment by Chicken_Burp 6 ポイント

英語に唯一存在するフィンランドの単語は「Sauna」

 Comment by anonyymi 8 ポイント

 ↑それはない。
 https://en.wikipedia.org/wiki/Rapakivi_granite

  Comment by Gwaur 1 ポイント

  ↑日常的に使う単語って意味でだよ。ラパキビとか専門的過ぎる。

ラパキビ花崗岩

Rapakivi granite


Comment by TheTruthAboutIowa 317 ポイント

アイオワ州のような場所であることは明らか。つまり存在していない。

※海外掲示板ではフィンランドは存在しない国扱いされています。
6e8
「フィンランド:日本の漁場区域」

 Comment by BabyBabaBofski 83 ポイント

 ↑「フィンランドが存在するというのは陰謀論板」でどうぞ。

  Comment by TheTruthAboutIowa 34 ポイント

  ↑「アイオワ州が存在するというのは陰謀論板」って板はないの?必要でしょ。

 Comment by Maat1932 73 ポイント

 ↑俺フィンランド人の子孫でアイオワ州に住んでるんだけど俺って存在しないの?

  Comment by TheTruthAboutIowa 55 ポイント

  ↑悪いけどその通り。


Comment by groggboy 7 ポイント

俺がフィンランドについて唯一知ってることはロシア人を殺すのが極めて得意だってこと。


Comment by OnomatopoeiaInSpace 6 ポイント

フィンランドには良い地衣類がある。

トナカイがあんなに健康的なのは多分それが原因。

地衣類(ちいるい)は、菌類(主に子嚢菌類)のうちで、藻類(シアノバクテリアあるいは緑藻)を共生させることで自活できるようになったものである。一見ではコケ類などにも似て見えるが、形態的にも異なり、構造は全く違うものである。

地衣類


Comment by -Grizzly- 316 ポイント

カナダ人だけどワールドジュニアで試合相手がフィンランドだとめっちゃ鬱になる。

 Comment by VelociBrazzer 105 ポイント

 ↑どっちもそうなってると思う。

  Comment by Magnetic_Tree 28 ポイント

  ↑フィンランドはフィンランドのことすら鬱にさせるからな。

 Comment by Valdurs 8 ポイント

 ↑フィンランド人だけどホッケーの対戦相手がカナダだと同じような気持ちにいつもなってる。ジュニアだろうが何だろうが。


Comment by skuginn 1343 ポイント

フィンランドで学位を取得したら剣とシルクハットが手に入る。

8vcZ2qU

 Comment by guarlo 553 ポイント

 ↑タダで貰えるわけじゃないよ。記憶が確かなら1000ユーロくらいかかったはず。

 Comment by soulveil 30 ポイント

 ↑ちょっと学位を取得しにフィンランド行ってくる。




キャプチャ


Translate

最近の投稿

 - 海外の反応

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。