「自国の国旗を見かけた時に最初に連想する事」海外の反応

   


Comment by lightsareonbut

自分の国の国旗を見た時に最初に頭に思い浮かぶことって何?


reddit.com/r/AskReddit/comments/4ie6nr/what_thoughts_first_come_to_mind_when_you_see/



Comment by beevaubee 395 ポイント

ドイツのナショナルチームがまた試合に勝ったのかな???

 Comment by hangoverDOTTED 203 ポイント

 ↑そう、そうだよ。7-1のことは忘れちゃいかんよ。

 Comment by Greshkarr 27 ポイント

 ↑BRA71L

  Comment by Skull-Demon 1 ポイント

  ↑それを言うのなら「BRA7_1L」だろう。

 Comment by kendrickkilledmyvibe 29 ポイント

 ↑サッカーで間違いない。ドイツの国旗をサッカー以外で使用するわけがない。他のスポーツじゃ一切使わないんだから。

  Comment by dejake422 2 ポイント

  ↑ここスペインもそうだな。理由も同じ。

関連記事
外国人「ブラジルが歴史的大敗をしたW杯の試合をポケモンで例えると(+その他)」海外の反応
サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会準決勝で、開催国ブラジルがドイツに1─7で敗れた。この惨敗に、ブラジル紙やウェブサイトなどのメディアは、同国の輝かしいサッカー史における最大の恥辱だと報じた。

「歴史的な不名誉」との大見出しをウェブサイトに掲げたのは、ブラジルで最も影響力のある新聞フォルハ・デ・サンパウロ。同紙は、ブラジル代表にとって過去最悪の敗戦というだけでなく、開催国が決勝リーグで喫した最多失点でもあると指摘した。

このほか、ブラジルメディア最大手グロボ傘下のウェブサイトgloboesporteは、ドイツ戦の大敗を「恥の中の恥」と批判。グロボ紙は、スコラリ監督の「すべての責任は私にある」というコメントを見出しに掲げた。

W杯=ドイツ戦は「恥中の恥」、ブラジルメディアも悲鳴


Comment by LTGmaster 81 ポイント

自分はドイツとベルギーのどっちにいるのか。

 Comment by 3V-Coryn 42 ポイント

 ↑自分はオランダとルクセンブルクのどっちにいるのか?

  Comment by BeepBeepBeeeeep 23 ポイント

  ↑ポーランドかな?インドネシアかな?

   Comment by Napolandese 15 ポイント

   ↑これほんとややこしい。

   Comment by columbus8myhw 3 ポイント

   ↑Tak

   関連記事
   「ポーランドとインドネシアは国旗も単語も全くの正反対」海外の反応

 Comment by beevaubee 23 ポイント

 ↑黒・赤・金がドイツ。黒・黄・赤がベルギー。ほらこれでもう迷わない! :-)

  Comment by Hammelj 48 ポイント

  ↑もしくはドイツの国旗は横のストライプで、ベルギーの国旗は縦のストライプって覚えておけばいい。

   Comment by beevaubee 17 ポイント

   ↑ドイツ国旗を縦に吊るしたりもするよ。だからこそ色の順序について自分は言ったわけで。
   http://www.schmuckwimpel.de/aid-688-Fahne-br-Deutschland-br-Hochformat-br-Gr-150-400-cm-Hissfahne-Fahne-Flagge-Hochformat.html


Comment by meighty9 218 ポイント

現在の風速。

 Comment by Omni314 26 ポイント

 ↑爺さんが商船で働いてたけどこれが出来てた。

 君もうちの爺さんと似たような経歴を持ってるの?それとも単に面白いことを書き込もうとしただけ?

  Comment by meighty9 81 ポイント

  ↑いや実際の正確な風速が云々ってことを言ってるんじゃないんだ。ただ「あー今日は風の強い日だな」って。

  Comment by FirstLordOfTheSea 1 ポイント

  ↑ビューフォート風力階級を使えば自分が見ているものを基準にして大体現在の風速がどの程度かが分かる。

ビューフォート風力階級(ビューフォートふうりょくかいきゅう、英: (the) Beaufort scale)は、風力(風の強さ)を、風速によりいくつかの階級に分けたスケールである。

イギリス海軍提督のフランシス・ボーフォートが1806年に提唱した。ボーフォートは風力を0から12までの13段階で表し、それに対応した海上の様相についての表を作成した。その後、より客観的な風速と風力階級も対応付けられた。

この風力階級表は1964年に世界気象機関の風力の標準的な表現法として採択され、現在ではビューフォート風力階級といえば通常はこの世界気象機関で採択された風力階級表を指す。日本の気象庁の採用している気象庁風力階級はこのビューフォート風力階級を翻訳したもので内容は同一のものである。

ビューフォート風力階級


Comment by vannamei 2 ポイント

サンダル(Thongs)

オーストラリア

https://www.bigw.com.au/product/australia-flag-inflatable-thong/p/WCC100000000027821/
http://www.gourmantic.com/2011/01/27/havaianas-australia-day-thong-challenge-bondi-beach-2011/

 Comment by EchoOfNoise 1 ポイント

 ↑・・・てっきり女性用の下着のことを言っているのかと思ったから混乱した。

  Comment by das_hansl 1 ポイント

  ↑だからこそこのURLを踏んだのに。めっちゃガッカリした。


Comment by Freakychee 2 ポイント

国旗にあるこの変な手は何なんだ?
svg

もしくはアメリカ合衆国の国旗の劣化版。
svg

前者が今住んでる所で、後者が生まれた所。

※前者はブルネイの国旗で、後者はマレーシアの国旗です。
東南アジアにおいて、黄色は伝統的に王家を象徴する色であり、ブルネイ国旗の黄色も、スルタン(ブルネイの国王)を象徴している。斜めにかけられた帯(公式的には「平行四辺形」と称されている)の白と黒は、ブルネイの2人のワジール(大臣、地方長官)を象徴している。

中央に配置されたブルネイの国章は、イスラム教を象徴する三日月と、ブルネイ王室を表す傘、片翼4つからなり正義・平穏・繁栄・平和を表す翼、政府の福祉・平和・繁栄を象徴する両手などを組み合わせた意匠である。三日月には「神の御導きに従って常に奉仕に尽力する」という国の標語が、三日月の下のリボンには「ブルネイ・ダルエスサラーム(平和の国ブルネイ)」という国名が、それぞれアラビア文字で記されている。

ブルネイの国旗


Comment by mariepon 2 ポイント

フィリピンの国旗だけどこれ便利だよ。

平和な時は青い部分が上にくるようにして、戦争の時は赤い部分が上にくるようにする。

戦争の時には天地を逆にして「勇気」「愛国心」を表す赤を強調するという、他の国旗にはなかなか見られない特徴を持つ。

フィリピンの国旗


Comment by Exploding_Antelope 2 ポイント

「あ、自動車の販売代理店だ」

カルガリーだと自動車の販売代理店はどこが最も大きなカナダの国旗を高いところに掲揚するかってことで競ってる。


Comment by duke_dreaver 1 ポイント

あー誰かが余計なことをやらかそうとしてるな。

僕は北アイルランド出身だけど厳密に言えばうちらには共通して使用される国旗というものはない(聖パトリック旗のことは知ってるけど誰も使ってない)

だからどれかの旗が掲揚されるとどちらかのコミュニティが不快に思うことになる。

聖パトリック旗(せいパトリックき、英: Saint Patrick's Flag)は、聖パトリック十字から成る旗のことである。

聖パトリック十字 (Saint Patrick's Cross) は、白地に赤いサルタイアー(斜め十字)で構成される十字であり、アイルランド、そしてアイルランドの守護聖人である聖パトリックのシンボルとみなされている。

聖パトリック旗は、アイルランドのナショナリストからはイギリスの発明したものだとして拒絶された。そのため統一的に認められている旗は存在しない。

svg

聖パトリック旗


Comment by TenNinetythree 1 ポイント

最近だと国旗を見ると「お、ドイツ語訳があるのか。やった」って思うようになってる。

しばらくドイツに住んでないからドイツ国旗と遭遇するのはウェブサイトやアプリの言語選択でドイツ語を選ぶとき。


Comment by Sauronwithmustache 1 ポイント

ノルウェーの国旗を見かけると毎回2011年に起きたノルウェーのバター危機のことを連想する。

この危機についてのウィキペディアの記事の画像のせいで。

https://en.wikipedia.org/wiki/Norwegian_butter_crisis

 ノルウェー人にとってこの冬最大の悩みは、スーパーマーケットの棚からバターが消えたことかもしれない。

 品薄状態が続く中、バター価格は跳ね上がる一方で、ネットでは500グラムあたり465ドルの値が付いている。250グラムで13ドルという「お値打ち品」も売られているが、それでも通常価格のおよそ4倍。このままでは、クリスマスのお祝いに欠かせないビスケットづくりができなくなるという不安が広がっている。

「クリスマスにお菓子を焼く伝統をもつノルウェー人にとって、バター不足は切迫した問題だ。彼らは通常、少なくとも7種類のビスケットを焼く」と、AFP通信は伝えている。

 タイム誌によれば、バター不足の原因はノルウェーで大流行中のダイエット法のせいでバターの消費量が跳ね上がったこと。「ダイエットという言葉には軽やかな響きがあるが、最近は(バターをたっぷり使う)『低炭水化物・高脂肪ダイエット』が人気で、バターの供給が不足している」

 他にも、夏に雨が多かった影響で牛乳の生産量が減ったことや、輸入バターにかかる関税が高い点を原因として挙げる声もある。バター不足は来年まで続くとみられる。

北欧のクリスマスを襲うバター危機 2011年12月13日


Comment by Ulmaxa 1 ポイント

USA USA USA USA USA


Comment by captaincake8 1 ポイント

イスラエルはかなり愛国的な国だから一日に何度も国旗を見かける。

その事について深く考えたりはしないな。ただそこに存在するだけ。


Comment by aleks93 210 ポイント

それ現在だと「bogan(これはアメリカ合衆国でいうレッドネック)」的なもの。

オーストラリアの日に自分の首に国旗を巻きつけたり、人種差別的な集会で国旗がはためいてるのを見かける。

※boganは低労働者階級を指すスラングだとのことです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Bogan

 Comment by burritobattlefield 89 ポイント

 ↑君が言ってるのってこういう感じの?

 OrCyqum

  Comment by aleks93 36 ポイント

  ↑そうそう、それそれ。

  Comment by science_abroad 27 ポイント

  ↑おまけにこいつカンガルーのシャツまで着てるぞ。

 Comment by tribalsquid 3 ポイント

 ↑イングランドの国旗と大体一緒だな。

 457402

 Comment by Chicken_noodle_sui 3 ポイント

 ↑君はbogan共が全員南十字星のタトゥーをしてるってことを言うのを忘れてる。

 軍隊にいた連中と会ったことがあるけどそいつら全員胸に南十字星のタトゥーをしてた。

 星に銃痕があるもの以外で言えばこの上なくbogan的なタトゥーだわ。

 Comment by rainbowcabbage 90 ポイント

 ↑こうなってる現状は全く嘆かわしい。

 今までそういう風に使われきたせいで愛国といえば人種差別的なものだということが不可分のものになってる。

  Comment by MachineFknHead 39 ポイント

  ↑アメリカ合衆国なんか建国以来その問題に手を焼いてるんですが :(

   Comment by Stelith61 222 ポイント

   ↑いやいや、お前らの国の人種差別主義者どもは専用の国旗持ってるだろ。

    Comment by bengrf 126 ポイント

    ↑解決方法は内戦だね。

オーストラリアの日 (英語: Australia Day)は、毎年1月26日に祝われる国民の祝日である。Anniversary DayやFoundation Day、若しくはANA Dayとも呼ばれる。

1788年1月26日に植民を目的としたイギリスの艦隊がシドニー・コーブに到着した事に因んで定められた。数十年間は認知されていなかったが、1818年にニューサウスウェールズ州の知事ラックラン・マッコーリーが祭典を開いた事で定着した。

オーストラリアの日


レッドネック はアメリカ合衆国の、主に貧困白人層を指す侮蔑語。

映画などのメディアに描かれるレッドネックのステレオタイプは次のようなものである。
・南部訛りで喋り、歯並びなどの歯の状態が悪い。
・政治志向は共和党支持。
・田舎のトレーラーハウスか古い農村の住宅に住んでいる。
・旧式のフルサイズピックアップトラックを愛用。車体は南部連合の軍旗のステッカーなどで飾られ、ダッシュボードやグローブボックス内に拳銃、若しくは助手席や後部座席にライフルや散弾銃が置かれている。
・腕や背中などに刺青をしている。
・飲酒・喫煙を好み、そのマナーも悪い。
・教育の程度が低いか、教育の程度にかかわらず知的でない。
・毎週日曜日には必ず教会に行く。教会に行くときは上着の襟もとに国旗のバッチをつけている。思想傾向はキリスト教右派。
・テレビを好み、その嗜好も低俗である。ワイドショーや討論バラエティ番組、模擬裁判番組や全米警察24時 コップスなどを見ている(また、それらの番組に登場する一般人もレッドネックやホワイト・トラッシュ (White trash) である場合が多い)。
・娘は十代で第一子を出産するので、世代の間隔が短く、おばあちゃんが妊娠することもある。
・創造説を信じ、進化論を頑なに否定している。小学校で創造説を教えないという理由だけから子供に義務教育を受けさせない場合もある。
・居間に曾爺さんが第二次世界大戦で戦利品として持ち帰った、ナチスのワルサーP38か日本軍将校の軍刀が宝物として飾ってある。

レッドネック


Comment by DaudTr 49 ポイント

エルドアンがまた何かやらかしたのか?

 Comment by NarcissusGray 15 ポイント

 ↑「エルドアンを叩く板」でどうぞ。

  Comment by Homusubi 7 ポイント

  ↑そのための板が存在するってことが最高。

レジェップ・タイイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdoğan, 1954年2月26日 - )は、トルコの政治家。同国の第12代大統領(2014年8月28日 - )、前首相(2003年 - 2014年)。

イラン・ロシア・アルメニア・中華人民共和国など、EU諸国以外の国々とも関係強化を図る、「ゼロ・プロブレム外交」と呼ばれる全方位外交を展開する。

トルコではイラク戦争などを理由として反米感情が強いが、エルドアンはアメリカとの関係も重視する。バラク・オバマとの会談では「トルコは東も西も、北も南も注目する」と様々な国との関係構築に積極的な姿勢を見せた。

レジェップ・タイイップ・エルドアン


Comment by HappySundays 42 ポイント

外を出歩いてる時にイングランド(イギリスじゃなくて)の国旗を見たら基本的にそいつはレイシストだと思う。

大量のイングランド国旗を見かけると恐怖に陥る。何故かというとそれはサッカーの試合が始まるってことで、俺たちが追い出されるまではみんなサッカーの話をすることになるから。

 Comment by GingerKitsune 4 ポイント

 ↑確かにそう。自分としてはもう少し愛国的になりたいんだけど、自分の家の外にイングランド国旗を掲揚するような真似をしたら周りの人間から自分はイギリス国民党の人間だと思われるだろうし・・・

 Comment by pblair92 3 ポイント

 ↑なんでイギリスの国旗を持ってるとレイシストってことになんの?

  Comment by HappySundays 2 ポイント

  ↑そうあるべきではないんだけどそうなっていってる。

  Comment by uberman5304 2 ポイント

  ↑EDL(イングランド防衛同盟)が自分たちの集会でイングランド国旗を使ってる。

イギリス国民党(イギリスこくみんとう、英語: British National Party)は、イギリスの極右政党。党首はニック・グリフィン。1982年結党。

イギリス議会では議席を持っていないが、欧州議会では2009年から2014年まで2議席保有していた(現在は0)。なお、メンバーリストがリークされている。

移民排斥、計画殺人に対する死刑復活、教師の体罰容認などを掲げている。

フランスの極右政党である国民戦線と同様に日本の移民制限策を模範にすべきとしている。

また、党首のグリフィンは、ホロコーストを否認している。

イギリス国民党


イングランド防衛同盟(-ぼうえいどうめい、英: English Defence League、略称:EDL)とは、イギリスの極右政治団体。2009年6月27日結成。組織の創設者は、ルートン出身の日焼けサロンの店主であるトミー・ロビンソン。メンバー数はおよそ25000人から35000人と推測されている。

イギリスにいるムスリム(イスラム教徒)移民の完全な排斥を最大の目標として掲げている。

結成以来積極的に街頭でデモ行進を行っているが、英国内の反ファシズム・反レイシズム団体からのカウンターデモにあっており、また、EDLとイギリスの反ファシズム団体「Unite Against Fascism」(UAF)との衝突事件も起きている。

旧来のネオナチ団体とは異なり、反ユダヤ主義を掲げておらず、むしろユダヤ人やイスラエルの右派・極右勢力とは反イスラーム感情を共有することで積極的に連帯する傾向がある。また様々なシオニスト系の組織から財政的な支援も受けている。

イングランド防衛同盟


Comment by Krateng 230 ポイント

ビスマルクとかクソですわ。

いつかハプスブルク家が再び台頭する日がやってくる。


Comment by The-Anonymous-Goat 92 ポイント

何で未だに国旗の中にユニオンジャックが入っているのか?

 Comment by lightsareonbut[S] 25 ポイント

 ↑君はオーストラリア人?

  Comment by The-Anonymous-Goat 4 ポイント

  ↑そうだよ。

 Comment by Radiatron 139 ポイント

 ↑だってお前らを所有してるのが俺達だからな。


Comment by FuckCazadors 148 ポイント

カーディフでの国際ラグビーの日。

EsOctGK

 Comment by name_dropped 69 ポイント

 ↑ウェールズの国旗って滅茶苦茶格好良いし、可愛いよな。

 Comment by youtossershad1job2do 53 ポイント

 ↑フェイスブックでイギリスやイングランドの国旗を見かけるとその内容は何かしら人種差別的な投稿ってことが多い。

 ウェールズの国旗をフェイスブックで見かけると「あー、シックス・ネイションズか」ってなる。

 Comment by Merlivus 30 ポイント

 ↑これ。もしくは単に「あ、ドラゴンだ」とか。

カーディフ(ウェールズ語: Caerdydd、英: Cardiff)は、ウェールズの首都。人口は305,340人(2001年)で、ウェールズで最大の都市である。ウェールズの南東部に位置し、ロンドンからは約250kmの距離にある。ウェールズ議会が設置されている。

カーディフ


ミレニアム・スタジアム(ウェールズ語: Stadiwm y Mileniwm、英語: Millennium Stadium、現在のスタジアム名をプリンシパリティ・スタジアムとも呼ぶ)は、ウェールズの首都カーディフにあるスタジアム。

ラグビーやサッカーに使用されており、特にラグビーでは「ウェールズ代表の聖地」とも言われる。収容人数は74,500人。

ミレニアム・スタジアム


シックス・ネイションズ(Six Nations、6か国対抗)は、ヨーロッパの強豪6カ国が参加する国際ラグビー大会。ロイヤルバンク・オブ・スコットランド (RBS) が冠スポンサーのためRBSシックス・ネイションズとして開催されている。全勝優勝をグランドスラム、英国・アイルランド勢(ホームユニオン)の中での全勝をトリプルクラウンと呼ぶ。

シックス・ネイションズ


Comment by ZackTheRipper0 298 ポイント

星がもっと入っているべき。

俺達はカナダかそれ以外のどこかを侵略しないと。

 Comment by molnhaj 4 ポイント

 ↑それ最後にやったときの結果は良くなかったけどね。

 Comment by CaptainMoonman 4 ポイント

 ↑それなら俺達はまたホワイトハウスを焼き討ちするだけ。

 Comment by commodity_for_all 9 ポイント

 ↑この点について言えば俺達はただアフガニスタンを併合するだけにするべきだった。

 Comment by Renzhe 4 ポイント

 ↑星を一個つけ加えただけだと折角の模様が台無しになるだろ。付け加えるのなら4~6個にしないと。

 Comment by lightsareonbut[S] 83 ポイント

 ↑ワシントンDCは州になりたがってる。

 main-qimg-c1559c9ed4ae226379a4159c5a7cf4f9

  Comment by ZackTheRipper0 58 ポイント

  ↑ほほー。自分としてはプエルトリコもアメリカ合衆国の州にする必要があると思う。

   Comment by Manadox 1 ポイント

   ↑それを考えるのは連中が自分たちで借金を精算してから。

   Comment by lightsareonbut[S] 61 ポイント

   ↑プエルトリコがアメリカ合衆国の州になりたがってるとは思わないな。

   まあワシントンDCの方は州になりたがってるけどね。議会はそれを許してないけど。

   一部の州よりもワシントンDCの方が人口多いのに。

    Comment by kiddestructo 3 ポイント

    ↑住民投票じゃ毎回否決されてるぞ。

ワシントン焼き討ち(ワシントンやきうち、英: Burning of Washington)は、米英戦争終盤の1814年8月、イギリス軍がアメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.を攻撃したものである。8月24日のブ ラーデンスバーグの戦いでイギリス軍が勝利した後、ロバート・ロス少将が指揮する軍隊がワシントン市を占領し、ホワイトハウスやアメリカ合衆国議会議事堂 など多くの政府関係の建造物に火を点けた。

アメリカ合衆国の歴史を通じて、ホワイトハウスやワシントンD.C.を焼いた国はイギリスのみであり、アメリカ独立戦争以降、外国の軍隊がアメリカ合衆国の首都を占領した唯一の例となった。

ワシントン焼き討ち


Comment by PilchardThePeasant 39 ポイント

あんまり国旗は見かけない。ちなみにイングランドね。

 Comment by Notblondeblueeye 13 ポイント

 ↑俺は「誰だよ。EDLの連中を檻から解き放ったのは?」って思う。

  Comment by PilchardThePeasant 4 ポイント

  ↑イングランドじゃイングランド国旗を掲揚すると超国家主義者ってことになるからな。

   Comment by CodeJack 6 ポイント

   ↑EDLの連中がニュースでイングランド国旗を振りまわしていたこと以外で最後にいつイングランド国旗を見かけたか記憶がない。


Comment by KybeleCPH 34 ポイント

「誰かの誕生日なのかな」って思う。

うちらは基本的に国旗をお祝いの際の付属品として使ってるから。例えば誕生日に国旗を掲揚したり、空港で誰かがやってくるときに国旗を振ったりとか。

これを「国の旗」だと考えてる人はほとんどいないよ。うちらの大半はこれのことを「旗」とか「Dannebrog(国旗の名所)」ではなくて「誕生日の旗」って呼んでるし。

 Comment by Lawsoffire 10 ポイント

 ↑最初「誰かがデンマークの国旗のような旗を使ってるな」と思ってから「あー、これデンマークの国旗か」って思う。

 デンマーク人じゃない人に教えておくとDannebrogは今でも使用されている最も古い国旗で、伝説によればこの国旗は負けかけている戦場で空から降ってきてそこから逆転してデンマークが勝利した。

デンマークの国旗はダンネブロ (Dannebrog) と呼ばれ、赤地に白のスカンディナヴィア十字を描いた旗。伝説では1219年6月にヴァルデマー2世がエストニア軍とリュンダニの戦いの最中、空から降ってきたとも、ローマ帝国皇帝からこの旗を授かった処、それまで苦戦していた戦いが形勢逆転し勝利したとも伝えられている。この旗は北欧諸国でよく使われる、「スカンディナヴィア十字」の基ともなった。オーストリアの国旗やスコットランドの国旗と並んで現在使用されている国旗の中で世界最古の国旗といわれる。

デンマークの国旗


Comment by TheCookieNinja 8 ポイント

シンガポールの国旗はパックマン的なものを連想する。

※シンガポールの国旗
sglarge

 Comment by EchoOfNoise 1 ポイント

 ↑お前がそんなことを書き込んだせいでそう云う風にしか見えなくなった。


Comment by TheMilfThatRodeIn 8 ポイント

これが今でもそうなのかどうかってことは確信持って言えないけど自分が住んでる地域では国旗は見かけない。

理由は移民が不快感を覚えるってことで間違いない。

関連記事
スウェーデン教師「外国人に不快感を与えるので国歌の斉唱禁止」海外の反応


Comment by littletreelovr 7 ポイント

どこかの誰かが「卒業生による悪戯(senior prank)」で俺の家の前にある高校で掲揚されているカナダの国旗のカエデの葉をマリファナの葉に変えたから今ではマリファナのことを連想するw


Comment by Niacain 26 ポイント

病院のマークに凄く似てるなぁ・・・


Comment by KkBaller 19 ポイント

どうか悪いニュースではありませんように。

パキスタン。

 Comment by scottishdrunkard 3 ポイント

 ↑「パキスタンがクリケットの試合で勝ちました」
  「ふぅー・・・」


Comment by apocalippo 15 ポイント

キングズデー以外でオランダ国旗を見かけた場合は何か悲惨なことが起きたんだろうと思う。

フリーゾ王子のスキー事故やマレーシア航空17便撃墜事件を知ったのがそれでだった。

女王誕生日 (じょおうたんじょうび)または国王誕生日は、オランダ王の誕生を祝う、オランダの祭日である。

この日にはオランダ全土がオレンジ色(オランダ王家の色)の飾りが掲げられ、さまざまなパレードや音楽祭が催されるほか、 vrijmarkt(フリーマーケット)が開かれ、街の通りで住人が自由に物を売買することが許されている。

国王誕生日 (オランダ)


ヨハン・フリーゾ・ファン・オラニエ=ナッサウ(オランダ語: Johan Friso van Oranje-Nassau, 1968年9月25日 - 2013年8月12日)は、元オランダ女王ベアトリクスと同国王配クラウス・フォン・アムスベルクの次男。

2012年2月17日にオーストリア・フォアアールベルク州にあるレッヒ・アム・アールベルク(英語版)にて、地元の雪崩監視機関によって雪崩警報が出されていたのにも関わらず、オフピステで友人とスキーをし、雪崩に巻き込まれた。救出されるも重体。その後の手当によって一命を取り留めるも、雪に長時間埋まっていたことによる低酸素脳症のため遷延性意識障害状態が続いていた。

2013年8月12日、意識不明のまま、ハーグにあるハウステンボス宮殿で死去。44歳没。

ヨハン・フリーゾ・ファン・オラニエ=ナッサウ


マレーシア航空17便撃墜事件(マレーシアこうくう17びんげきついじけん)とは、2014年7月17日にオランダ・スキポール空港からマレーシア・クアラルンプール国際空港に向かっていたマレーシア航空の定期旅客便であるマレーシア航空17便が、巡航飛行中の17時15分頃(現地時刻)に、何者かがブークミサイルで撃墜し、ウクライナ・ドネツィク州グラボヴォ(ロシア語: Грабово, ラテン文字表記:Grabovo, ウクライナ語: Грабове, ラテン文字表記:Hrabove, フラボヴェ)村に墜落した航空事故である。

この事故はボーイング777での5番目の全損事故であるとともに、撃墜による航空事故では史上最悪の死者数を出した航空事故である。

マレーシア航空17便撃墜事件


Comment by The_Only_Griff 11 ポイント

アイルランド出身だけどこの国の政府は国民の銀行口座にしか興味を持ってない。

国旗が掲揚されてるのを見るとよくそれをするだけの愛国心がそいつにあるもんだなと不思議に思う。

 Comment by neamhsplach 17 ポイント

 ↑自分が外国に住んでいたとき三色旗を見て毎回思ってたのは「あ、またアイリッシュパブがある」もしくは「違うな、これイタリアだ」のどっちかだった。


Comment by Kunstfr 33 ポイント

Allons enfants de la patrie !(行こう 祖国の子らよ)

Le jour de gloire est arrivé !(栄光の日が来た!)

Contre nous de la tyrannie !(我らに向かって 暴君の)

L'étendard sanglant est levé !(血まみれの旗が 掲げられた)

L'étendard sanglant est levé...(血まみれの旗が 掲げられた)

Entendez -vous, dans nos campagnes(聞こえるか 戦場の)

Mugir ces féroces soldats(残忍な敵兵の咆哮を)

Ils viennent jusque dans vos bras(奴らは我らの元に来て)

Egorger vos fils et vos compagnes(我らの子と妻の 喉を掻き切る!)

Aux armes, citoyens !(武器を取れ 市民らよ)

Formez vos bataillons !(隊列を組め)

Marchons, marchons !(進もう 進もう!)

Qu'un sang impur(汚れた血が)

Abreuve nos sillons !(我らの畑の畝を満たすまで!)

 Comment by lightsareonbut[S] 15 ポイント

 ↑200年以上経っても血に飢えた感と憤激さでラ・マルセイエーズに匹敵するものは存在しないな。

  Comment by WoodenTiger 1 ポイント

  ↑ソ連とイスラエルの国歌はどっちも結構格好良いよ。

 Comment by Xxxn00bpwnR69xxX 1 ポイント

 ↑ルーマニアの国歌もメロディーや歌詞が相当だけど、アルジェリアの暴力的な歌詞に匹敵するものは存在しない。

 アルジェリアの国歌は反フランスの革命家が自分の血で牢獄の壁に書いたもの。やっべーなこれ。

ラ・マルセイエーズ(仏: La Marseillaise、フランス語発音: [la maʁsɛˈjɛz] 発音例)は、フランスの国歌である。マルセイユの歌とも言う。もとはフランス革命のときの革命歌で、マルセイユの連盟兵(義勇兵)が歌って広めたことからこの名前がある。

ラ・マルセイエーズ


アルジェリアの国歌「قَسَمًا」(Kassaman / 誓い)の歌詞は、ムフディ・ザカリア(Mufdi Zakariah)がフランスの植民地当局によって投獄されていた1955年に書かれています。牢獄の壁に自らの血で書いたという逸話があります。

アルジェリア民主人民共和国の国歌「誓い」




キャプチャ


Translate

最近の投稿

 - 海外の反応

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。