【教材】オーストラリア

 海外を夢見て、なんとなくワーキングホリデーをしようと考えている
50%以上の人が知らない、ワーキングホリデーの基礎知識とは!? 

あなたがこの基礎知識を得ずに、ワーホリをするのならば、
人生で最も無駄な1年を過ごす事になるかもしれません。
また、そうでなくても、知らないうちに、違法行為しているかもしれません。
それほど大切な情報ですので、
面倒だからと言って読み飛ばないで下さい。

 一年に一回、必ず見直されるオーストラリア・ワーホリビザ条件を、
ワンクリックするだけで、いとも簡単に日本語で確認してしまうサイトの重要性

英語ができないからと言って、ビザ条件を確認しないのは、問題です。
そんなあなたにとっておきなサイトを見つけてしまいました。
料金も年々上がっているので、このサイトで確認して下さいね。

 ワーホリ提携国内で、唯一、2年目ワーホリをゲットできるオーストラリアで、
必ず気をつけなければならないセカンドワーホリビザ申請条件とは!? 

ただただ、季節労働者をすればセカンドビザをゲットできるか否か?
あなたは正しい情報をゲットできているかいないかで、
セカンドワーホリビザをゲットできるか出来ないかが決まります。
慎重にセカンドワーホリ条件を確認して、
オーストラリア滞在2年目をエンジョイして下さい。

 ワーホリを夢みる78.6%以上の人が勘違いしている、
ワーホリで得られる英語力とは!?

英語力upを求め、ワーホリを目指す人も多いはず。
その目標を掲げ、オーストラリアで効率よく、
英語を伸ばすためには、とある条件が必要になります。
これを知ることで、数倍英語力が伸びるでしょう。
但し、努力しない人には全く効果はでませんので、ご了承下さい。

 誰がどんなに考えても、必要になってくるワーホリ準備費用と
現地での生活費用の一般的な総額は、ワーホリ資金の総額は?

ワーホリ経験者の私が徹底的にワーホリで、必要な費用をあげました。
あなたのプランによって、必要な費用項目が異なりますので、
そこから自分で計算してみて下さい^^
但し、日本円で準備できる意外の必要費用は、
為替レート変動が一番の影響を及ぼすということを忘れないで下さい。

 「ワーホリした後って大丈夫?」と、ずっと不安を持ち続けるのではなく、
自分で簡単に不安を減らす方法とは? 

誰にも頼ることなく、一瞬で、いとも簡単に不安を吹き飛ばします。

あまりに簡単な方法なので、苦情がくるかもしれませんね。
でも、これはやることで効果が出るので、やってみるべきです。

 ワーキングホリデーだけでなく、自分の人生設計までも楽しくしてしまう、
あまりにも簡単で、笑ってしまいそうなのに、とても効果がある方法とは!?

馬鹿馬鹿しいほど簡単なのに、
とっても効果がある私が体験済みの方法です。
楽しいワーキングホリデーを計画するだけでなく、
人生についても応用できるので、一石二鳥です。
自分が思い描いた人生を手に入れることができるので、
楽しくてやみつきになるでしょう。

 ワーキングホリデーを決意する前に、
考え事をしている自分が夢に出てくるくらい、
真剣に考え、そして、自分の心に誓わなければならない4つのポイントとは!?

これをしっかりと抑えておくことで、
「ワーキングホリデーなんて行かなければよかった。」と、
後悔することはないでしょう。
楽しいワーキングホリデーの思い出を作る為にも
是非、しっかりと考えて置くことをオススメ致します。

 ワーホリすることを決めたその瞬間から、
現地で苦労せず、楽しいワーホリをゲットするためにするべき3つの事とは?

日本での準備は、かなり大切です。
これを怠ると、オーストラリアで泣きたくなるくらい、惨めな思いをします。
そんな思い出を作らないためにも、ぜひ取り組んで下さい。
あなたが早く取り掛かれば取り掛かるほど、
楽しいワーホリになるでしょう。

 たった一つの質問をするだけで、数万円節約できる、
海外旅行保険の加入の仕方とは?

保険に関して全く知識がなくても、
その質問内容を知っているだけで、簡単に節約できます。
保険会社代理店をしている友達から学んだ貴重な内容のため、
あまりの効果的さに、驚きを隠せません。

日本にいなくても支払わなければならない国民年金保険を、
いとも簡単に無料にする方法とは?

大切なワーホリ資金を無駄に、日本で使わないことができるので、
より多くの都市を回れ、素敵なワーホリの思い出がたくさん作れます。
1時間もあれば、できてしまうので、ぜひ、トライしてみて下さい。

 日本からオーストラリアへ海外送金する際に支払う手数料や、
知らない間に支払っている手数料を理解し、
最も賢く自分のワーホリ資金を海外送金する方法とは?

はっきり言って、これを知らなきゃ損です。
一般的に知られているのは、一般銀行を利用する海外送金や円送金。
がしかし、この方法は、ちょっと特殊なものを使います。
ですが、一番賢く大きなお金を動かせる方法です。
もちろん、海外送金や円送金と比較していますので、
あなたの望むがままの海外送金方法を選んで下さい

 意外と知られていない、ちょっとした生活習慣を変えるだけで、
無料往復航空券(1年間有効、直行便)に、毎日、近づける方法とは!?

初期費用として、12,600円必要ですが、約10万円、
いやそれ以上の航空券を無料にできると考えれば、
8万円強節約できると思えば、安いものですよね? 
但し、この方法でチケットを無料にするのは最低1~3年必要ですので、
時間に余裕がある人だけ使って下さいm(_ _)m

 週$200~300支払って語学学校に行かなくても、
無料、もしくは格安料金で誰でも簡単に、英語を学ぶ方法とは?

語学学校は、はっきり言って高いです。
しかし、自分で調べず、日本のエージェント(高額サポート)を使わず、
現地の無料エージェントさんに相談すれば、
100校くらい語学学校があるので(シドニーの場合)、
簡単に到着した数日後には、学校へ通うことができます。
がしかし、高いのです^^;
もしあなたが望むのであれば、
無料、もしくは格安で英語を学べる場所を教えることができるのですが…

 購入しても、使用しても手数料が発生するトラベラーズチェックの手数料を、
手間に暇かげずに、節約してしまう方法とは?

購入する場所や使う場所、そしてT/Cの種類を選ぶことによって、
簡単に手数料を無料、もしくは、節約することが可能です。 
買う場所と使う場所を知っていくだけですので、
簡単にあなたの大切なワーホリ資金を節約することができます♪

 誰もが最初に損をしてしまう、オーストラリアへお金を持ち込む際に
気をつける&節約するお金の持ち込み方とは?

お得なお金の持っていき方は、金額によって、お得な方法が変わります。
考えられる全ての方法に関して、
実際、どのくらい手数料が必要になるのかを比較しました。
一番格安な方法を取るか、一番便利で簡単な方法を取るかは、
あなた次第です。

 「英語が出来ないけど、最初の宿を探したい。一体どうすればいいの?」と
不安にならずに、日本語でしかも簡単に物件を探し出す方法とは?

私が知っている限り、日本語表記で家を探すサイトをご紹介します。
地域によっては、情報量が少ないですが、
全く情報がないよりは、ましなはずです。
ご紹介するサイトを使い回して、効率よく最初の宿を検討してみて下さい。

 日本とは異なる物件事情を把握し、
いかに自分が満足できる物件の種類や条件を決める方法とは?

はじめに言っておきます。「家を決めるのは大変です。」
いかに自分の望む条件が当てはまるか、いかに安くするか…
それらを考える要素をご紹介します。
ワーホリ生活をしていて、何が大変って、移動を繰り返し、
家を何回も移ることが大変なのです。ですが、これらの条件を知っていれば、
あなたも物件探し名人になれます♪

 汗水流し、一生懸命働いた給料から差し引かれた税金(TAX)を、
いとも簡単に半額取り戻す方法とは?

ワーキングホリデービザで働くと、かなりの税金を納めることになります。 しかし、合法的に、税金を半額取り戻すことができます。

ですが、ワーホリビザから、とあるビザに変えなければなりませんので、
ワーホリビザの期限が切れる頃に、ある程度の資金がある方のみ、
お使い下さい。

 高いサポート料金を支払って来た人が、口をあげて唖然としてしまう程、
丁寧でしっかりとしたサポートを無料で受ける方法とは!?

この方法を使うことで、あなたは一切お金を払うことなく、
現地の無料サポートを受けられるため、
騙されたと思うこともないでしょう。
巷で売っているガイドブックには、提案されていない、
渡豪前に日本で準備するべき13の準備とは?

「こんなことまでしなきゃいけないの?」と、思わず驚きを隠せないほど、
丁寧にリストアップされていますが、
これをスケジュールどおりにしていくだけで、
あなたのワーホリ準備は、最強のものとなるでしょう。
よって、現地で「あれやっておけばよかった。」と後悔することも数える程もないかもしれません。

 オーストラリアにきて、後悔することが少なくなるどころか、
持ってきてよかった、準備してきてよかった!と嬉しくなってしまうほど、
理想的な日本でできるワーホリ準備とは?

「備えあれば憂いなし」といわれるように、
日本でできる理想的な準備方法を片っ端から挙げました。
あまりに細かくて、準備するのが面倒になるかもしれません^^;

 「あんなものからこんなものまで?」「えっ?これ必要なんじゃないの?」
いろんなつっこみを入れたくなるくらい、丁寧な持ち物リストとは?

「日本では100円均一で売っているのに、オーストラリアではない!?」 「そもそも100円均一がない?」「あっても質が悪い?」
そんな体験をしたからこそ、詳細リストを書けるのです。
あなたも私と同じ経験をしないように、
丁寧に書き出しましたので、ご安心下さい。

 オーストラリアに来て、いきなり騙されないためにも知っておくべき、
国際線ターミナルから市街地までの所要時間と交通費の相場とは?

一人で空港に着くと、意外と「あっ、こんなもんか。」と思いながら、
自分の宿まで行かなければなりません。
そんなあっけない一場面を賢くかわしながら、
シティまで繰り出すために必要な情報です。 
「騙された!」と、怒りることもなく、スムーズにシティへいける方法なので、安心してオーストラリアにINできます。

 「国際線に乗るの初めてなんだけど大丈夫?と心配することなく、
何度も飛行機に乗ったことがあるかのような態度で、
スムーズに飛行機に乗る方法とは?

空港で名前を呼ばれることなく、
あまりにもスムーズに飛行機に乗れるので、
「本当にこれでオーストラリアに行くのかな?」
という疑問さえ沸いてきますが、それでいいのです。
離陸の際には、「日本にバイバイ♪」と心の中で、
言えるくらいの余裕ができることでしょう。

 ワーキングホリデーでお金を貯めようと思ってはいけない!?
知らぬ間に引かれている税金の恐怖とは!?

「時給はいくらくらいですか?」「$10から$16くらいです。」
そんな当たり前な情報の前に知らないと、
後で泣きたくなるくらい後悔してしまう税金。
あなたがそれでもいいというのであれば、伏せておきますが・・・

 「日本ならもっと安く買えるのに…オーストラリアって物価高くない?」
その本当の真相を暴いて見せます。

私の金銭感覚が、一般的な人と同じならば・・・
日本とオーストラリアでは、安いものと高いもの差が激しいと感じます。
例を挙げるなら…
タバコが1箱$10以上なのに対して、アイスクリームは2リットル$2~3もし、あなたが知りたいオーストラリアの物価がなかったとしても、
私が調べますのでご安心下さい。

 「なんだこれ?」「えっ?」と、自分の目を疑ってしまっうほど、
オーストラリアに来た日本人の誰もが受けるカルチャーショックとは?

私が実際に体験したカルチャーショックや
現地で仲良しになった友達が語るカルチャーショックをお渡しします
なので、日本にいながらもカルチャーショックを受けることができます^^;

 $1000以上費やして語学学校に行かなくても、
簡単にしかも無料、もしくは格安で外国人の友達が出来てしまう方法とは?

意外と知られていない穴場な情報です。
コレを公開するのは、少し戸惑いました。
なぜなら…すぐに人に教えてしまう人が出てくるからです。
なので、他言しない人だけに、こっそりと教えます。

 シドニーでは、100校くらいあるといわれる語学学校から、
いかに賢く、無料で、しかもスムーズに、
自分にあった語学学校を選ぶ方法とは?

一つだけ言いたい事があります。
語学学校は、現地に来てからでも決めることが可能なのです。
語学学校に関して、大抵の人は・・・
学校は日本から決めてしまわなければならないと思っています。しかし、それは本当ではありません。
先程も申し上げましたとおり…現地で決めることが可能なのです。というわけで、これを機会に、
自分が現地で学校を選んだ方がいいのかを、
日本で学校を決めたほうがいいのかじっくり考えて見て下さい。

どちらにせよ、無料でしかもスムーズに学校を決めることができるので。

 英語が少しできるのであれば、根性と慎重さをフルに使って、
自分でビザ申請してしまう方法とは?

自分でビザ申請をする際にとっても役立つサイトを見つけてしまいました。
画像付なので、とっても分かりやすいです。
日本語訳も書いてあります。
ただ、いつビザ申請の画像や規約が変わるか分かりません。
もし本当に英語が分からない方には、オススメできない方法なので、
その方は潔く代理申請を申し込んでください。

 ネイティブスピーカーが話す会話、ダイアログが無料で、
しかもあなたが好きな時間にいつでも
無制限に聞く事が出来る無料のサイトとは?

このサイトを使いこなせば、
間違いなく無料で英語の勉強をすることができ、
リスニングが上がるだけでなく、上手く使えば、
あなたの英語力は総合的に上がるでしょう。
努力できない人には全く意味のない情報なので、忘れて下さい。

 現地で、新鮮かつ格安な食材を仕入れ、
エンゲル係数をなるべく抑えていく方法とは?

現地(シドニー)のいろんな物価を写真と共に知ることができるため、
あなたは、シドニーのスーパーマーケットで
いろんな食料をかごに入れている気分にさえなるでしょう。
「Can I have this one?」と言われても、買えませんのでご注意下さい。

 気が狂いそうになるくらい大変な物件探しを
少しでも楽に探し始める方法とは?

ワーキングホリデーで出会ったワーホリ人が
みんな口をそろえて「家がなかなか決まらないんだよね…」と言います。
それほど、物件探しは大変です。
もしあなたが少しでも楽に物件を探したいと願うのでしたら、
お伝えすることができるのですが・・・

 「現地で自分ができる仕事が本当にあるの不安…
でも、有料斡旋業者(エージェント)に頼りたくない!」
そんなあなたにぴったりな無料仕事探しサイト。

このサイトを知っているのと知らないのでは、
仕事を探す際の情報量が、だいぶ違ってきます。
また、日本から現地の仕事情報をがゲットできるので、安心できますし、
無駄な時間をオーストラリアで過ごさずに、すぐに仕事の面接にいけます。よって、有料斡旋業者(エージェント)に無駄なお金を払わず、
仕事を探すことができ、
かつ、オーストラリアにINして、すぐにでも仕事をゲットできるでしょう♪

 「英語なんてしゃべれない…」と不安を抱えながらも、
「ワーホリ資金を賢く増やすためには、頑張らなきゃ!」と言い聞かせつつ、
現地の銀行口座をスムーズに作るため、注意するべき事とは?

これを知ってしまうと・・・
「もうちょっと英語が喋れるようになってから…」
「もうちょっと英語が聞き取れるようになってから…」
と後回しにする理由がなくなります。
口座を開設できたすぐ後は、銀行員と英語をあまり話していなくても、
「英語を話せた♪」と自信さえ持てるでしょう。

 銀行員がしゃべる英語が分からなくても、身振り手振りで、
最後の手段は筆談で頑張ってでも、現地の銀行を作るべき利点とは!?

これを知らないと、はっきり言って、非常に損をします。
日本の銀行とオーストラリアの銀行の違いを知って、
「えっ?・・・」と言葉が出なくなってしまうかもしれません。
その衝撃を味わって、賢くワーホリ資金を自動的に増やしてください。

 「現地のATMって全部英語表記じゃん…えっ?どのボタン押せばいいの?」
と迷うとなく、スムーズに、現地でお金を引き出す方法とは?

知らない単語ばかりで、訳のわからないボタンを連打することなく、
現地に住んでいる人かのように、スムーズにお金を引き出せます。
ATM英語表記の画像付なので、
今、お金を引き出している感覚にさえなります。

 気になる日本の銀行口座残高を、簡単にネットで調べるだけでなく、
いとも簡単に自分の資産を計算してしまう方法とは? 

クレジットカードの引落口座になっている銀行の残高を
インターネットで確認できるので、金額をいちいち控えて、
計算することなく、クレジットカードを利用できます。
さらに、とある無料ツールを使うことで、
自分の資産までも管理できる一石二鳥な方法です。 
但し、この資産確認方法だけは、自分のパソコンを持参し、
ネットに繋ぐ環境を常にもっている方のみ実践できる方法となりますので、
ご注意下さい。


『ワーキングホリデー解体新書』(オーストラリア版)

 

その他のおすすめ ↓↓↓



毎朝たった5分でOK!!超シンプルFX投資術「インスタントFXシステム」【オーストラリアドル円版】

公開日: