【日本は?】英紙「世界の肥満化がヤバい」【海外反応】

   

obese_625x350_81426768586

世界の肥満人口、25年までに5人に1人に 英医学誌
英国の医学誌「ランセット」は2日までに、世界規模での肥満問題に関する新たな報告書を掲載し、現状が続けば2025年までに男性の18%と女性の21%が太り過ぎの状態に陥る可能性があると伝えた。
過去40年間を見た場合、肥満と判定された男性は3倍以上、女性は2倍となったとも報告した。
報告書は世界の200カ国を対象に、1975年から2014年までの間の人間の肥満度を表す体格指数の変化を基にまとめられた。
これによると、調査対象の136カ国では肥満の男性が体重不足の該当者より多く、165カ国では肥満状態にある女性がより多かったとしている。
1975年時点で、世界の肥満人口は総人口比で2.6%だったが、2014年には8.9%に急増した。
報告書によると、肥満の男性が同性の総人口の1%以下だった国はアフリカのブルンジとアジアの東ティモールの2カ国のみ。女性の場合、この比率が5%以下だったのは、東ティモール、日本、ベトナム、北朝鮮、カンボジア、ラオスとバングラデシュだった。
重度の肥満が目立つのはオーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、英国と米国の英語圏諸国で、世界の全体数のうちの4分の1以上を占めた。これに次いだのが中東と北アフリカ諸国の住民で、世界全体の13.9%となる2600万人だった。
カリブ海や中東諸国では女性の40~50%が肥満と判明。中国でも肥満者人口が増えており、重度の状態にある男女の人数は1975年にはそれぞれ世界で60位と41位だったが、14年には共に2位に急浮上した。
米国民の肥満問題は深刻化しており、重度の肥り過ぎとなっている世界中の男性の4人に1人以上、女性では5人に1人が同国にいる計算となった。2025年までには、米国の女性の43%、男性の45%が肥満と診断されるだろうとも予測。米国が同年までに肥満者人口を抑制出来る可能性についてはゼロとの厳しい見方も示した。
yahoo

【世界食材比較】「アメリカさん、マジで食生活改善した方が良いよ」
【日本の”食”優位に】日本人はなぜ長生きか?【全米激怒】
露「ロシア語で画像検索すると、何でもおそロシアになるの助けて(´・ω・`)」
海外「みんなは、緑茶は好き?」←「ヘルシーで最高でしょっ^^」
「なぜ韓国は、日本の影的な存在なのか?」

続きを読む

Translate

最近の投稿

 - 社会・social life

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。