南沙諸島にフィリピン学生ら50人上陸、中国が抗議(海外の反応)

   

1
南シナ海・南沙諸島のフィリピンが実効支配するパガサ島に26日、同国の学生ら約50人が上陸した。フィリピン当局者が27日に明らかにした。学生らは中国がこの海域での活動をフィリピンの排他的経済水域(EEZ)内まで拡大させていることに抗議するため島に上陸したという。島には3日間滞在する予定。中国は資源が豊富な南シナ海のほぼ全域にわたる領海を主張しており、近隣諸国と対立している。南シナ海には、フィリピン以外にも、ブルネイ、マレーシア、台湾、ベトナムが領海として主張する海域がある。以下略(BBC)
海外の反応をまとめました。

続きを読む

Translate

最近の投稿

 - 中国

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。