広島で被爆したサーロー節子さんがノーベル賞授賞式で演説(海外の反応)

   

o
【オスロ時事】「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」を代表してノーベル平和賞授賞式に出席したカナダ在住の被爆者サーロー節子さん(85)は10日、オスロで記者会見し、核兵器禁止条約に批判的な国々を念頭に「(式典に)大使がたくさん来ていたが、メッセージを持って帰ってもらい、もう一度考えてほしい」と述べ、ICANの平和賞受賞を機に条約に賛同、署名するよう再考を促した。以下略
海外の反応をまとめました。


続きを読む

Translate

最近の投稿

 - 世界のニュース

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。