露のシリアルキラー、新たな殺人自供で犠牲者80人超え【海外反応】

   

46A162FD00000578-5111601-image-a-1_1511449895700

ロシアの元警察官、新たな殺人自供 犠牲者80人超か
女性22人に性的暴行を加えた上、殺害したとして終身刑を言い渡されたロシアの元警察官が、さらに59人の殺人を自供したことを受け、シベリアのイルクーツクにある裁判所で10日、公判が開かれた。近年で最悪の連続殺人犯となる可能性がある。
インタファクス通信によると、ミハイル・ポプコフ被告(53)は、1992~2010年にさらに59件の殺人と1件の殺人未遂事件を起こしたと自供した。
ポプコフ被告は女性22人の殺人と2人の殺人未遂の罪で2015年に終身刑になっている。イルクーツク近くの地元アンガルスクで深夜の非番中に、時にはパトカーで送ると言って女性に声をかけて殺害。ロシアのメディアからは「オオカミ男」また「アンガルスクの狂人」と呼ばれている。
81人の殺人で有罪となれば、「チェスボード・キラー」ことアレクサンダー・ピチュシキン被告が殺害した48人や、旧ソ連時代の最も残忍な殺人犯アンドレイ・チカチーロが殺害した52人を上回ることになる。
ポプコフ被告は市内の売×婦を追放する「清掃人」を自称していたと報じられている。
afpbb

続きを読む

Translate

最近の投稿

 - 事件・事故・災害・incident,happening,disaster

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。